us cn es fi fr it jp tw

IFAについて

IFAは教育、指導、訓練などを通してアロマセラピーの知識や実務の向上による健康の維持を推進する独立機関です。IFAは登録チャリティーナンバー(Charity)327290であり、その基本定款に準拠しています。 1985年以来、私たちは公式倫理規定、実務規則、行動規範、1988年のプロフェッショナル・アロマセラピー・ディプロマのシラバスの設立を通してやアロマセラピーの実践基準を保全してきました。IFAのマークはこの分野において世界的に専門性と卓越性が認められています。

1984年に行われた初の会議では世間にアロマセラピーを打ち出すような教育的価値を決定付けるために少人数のグループが集結しました。こうして過ぎた目まぐるしい最初の数年間、IFAはマッサージと精油の治療的価値にまだ気付いていない地元メディアや機関とコンタクトを取ることで会員の代表としての役割を引き受けました。私たちが国民医療保険病院やホスピス、特別介護施設などにおいてアロマセラピー使用を先駆けたことで今日医療分野でセラピストが活躍しているのです。

世界初のアロマセラピー専門機関として、私たちは専門的な業務を世の中に届けるために当連盟のセラピストの必要性をよく理解しており、メンバーらの挑戦や教育、研究、発展の必要性も認識しています。我々は慈善団体としての地位を保持していることに誇りを持っており、その地位が全プロジェクトにおける誠実性を保証していると信じています。また、その他の慈善事業をサポートしていることによって、この地位を高く評価しています。

私たちのチャリティー(Charity)という立場はすべての収益が当連盟の会員サポートと育成に再びもたらされることを意味しています。世界中の学校や会員らに広まる訓練や認定によって私たちはまさに国際的であると言えます。我々は各国の会員を多言語ウェブサイトや教材でサポートし、バイリンガルのスタッフも在籍させています。

IFAが皆さまのために最優先していること:

  • 最低必要条件として国家職業基準(NOS)を満たしたセラピストが登録しています。
  • すべての会員が専門職賠償責任保険の加入、有効な応急処置認定証の保持、毎年12時間の技術者継続教育(CPD)を履修していることを保証します。
  • 当連盟の倫理規定および実施・行動規範に従いアロマセラピーの活動を管理するための契約条件を定めています。
  • 万が一メンバーが会員規約に反したと疑われる場合には調査し、必要に応じ懲戒手段に踏み切ります。
  • アロマセラピーおよびその活動に適応できる科学的研究の促進やサポート、奨励をしています。

IFAの価値

IFAは以下の労働倫理を誠意を込めて実証します:

  • プロ意識と卓越性のために懸命に努力すること
  • 品質の提供に誇りを持つこと
  • 機会均等および包括性や多様性の原理が守られていること
  • 均整が取れ透過的な規則の原則を適用すること
  • 実務基準を満たす人、あるいは満たすよう努力している人すべてに分かりやすいこと

公正な雇用慣行を適用すること

 

ニュースフィード


ニュースレターに登録