us cn es fi fr it jp tw

プロフェッショナル エッセンシャルオイルセラピー ディプロマ(PEOTコース)

IFAは、アロマセラピーやエッセンシャルオイルにおいてより発展的な教育を行うことを目的として、この新しい資格制度を導入しました。またこのコースは、エッセンシャルオイルの使用法および治療効果を学び、実務の中で取り入れようと努める、他の医療関係者や補完医療に携わる専門家の期待に応えることもできます。

PEOTコースの概要は5年もかけて計画されたものであり、上級アロマセラピストやプロの教師、指導者、科学顧問を含む、IFAの経験豊富なメンバーによって編集されました。このコースでは、エッセンシャルオイルとアロマセラピーの使用法や基礎知識だけでなく、既存の実践基準を含む徹底的な学習プログラムが提供されます。さらに、新しい授業科目や種類豊富なエッセンシャルオイルの一覧、様々なトリートメントの提供法なども含まれています。

 

対象

PEOTコースは、エッセンシャルオイルの導入を考える一般医や補完療法士、またエッセンシャルオイルに関する知識を深め、一般に認められる資格の取得を希望するアロマセラピストを対象としています。

 

キーポイント

  • このコースでは主にエッセンシャルオイルの使用法について指導が行われるため、マッサージ法などは含まれません。マッサージの使用を希望するセラピストには、既に資格を有すること、またプロとしてこれまでマッサージを施してきたことが必要とされます。
  • オイルセラピーの授業では、エッセンシャルオイルを用いたトリートメントの治療的特性や効果が中心となっています。
  • PEOTコース修了証を取得することで、エッセンシャルオイルを効果的かつ安全に使用するために必要な知識と技能を持つということが証明されます。
  • 研究者には、エッセンシャルオイルの特性に関する極めて重要な情報を提供することができます。

 

コース概要

授業内容には以下の項目が含まれます。

  • エッセンシャルオイルセラピーと歴史的発展、パイオニア、哲学、全体観的指針
  • 嗅覚と辺縁系、匂いの特性と偏好、エッセンシャルオイルの心理・感情面における効果と認知援助、頭部外傷からの回復、記憶力と注意力の向上(例:アルツハイマー)、気分変動の改善とエンドルフィン分泌の促進
  • 研究:方法論、研究課題を行うためや書き上げるための能力、伝統医学と臨床研究の関係や相違点の理解
  • 精油学:植物学、抽出および生産、化学、潜在的危険性と毒性
  • 80種類のエッセンシャルオイルの治療的およびエネルギー的特性と使用方法
  • 香水製造技術:エッセンシャルオイルの香りの分類、揮発性や香りの分類法、ブレンドをする際のオイルの比率や分量
  • 伝達方法
  • アロマセラピー治療学:医療における製剤と自然療法、ヒドロゾルやキャリアオイルまたはベジタブルオイル30種以上、エッセンシャルオイルセラピーに適した天然成分
  • 個々のクライアント向けのトリートメント計画を含む治療目的のエッセンシャルオイルの使用、治療関係と結果の理解および治療効果の評価
  • 必要とされる専門的技術と知識
  • 内省的実践
  • 実務研修等

 

評価と試験

コースを終了した生徒には、コースの理論的および実用的要素の知識を測るため、IFAの外部試験を受けることが義務付けられています。IFAアロマセラピー検定試験は3つのパートに分かれており、受験者は アロマセラピー論、解剖学、生理学において審査されます。また、ポートフォリオ、ジャーナル、研究課題、治療法における実用技術などの必修課題に基づく評価もされます。

 

必須課題

  • ケーススタディ:個人指導教員の指示に従い学習の証拠として事例研究を行う。
  • 研究課題:アロマセラピーの効果の監査および判定が可能な方法が存在するという証拠を提出する。
  • 内省的実践:アロマセラピーの実践における範囲や制限、作業を見直すことの重要性に対して理解を示す目的で日誌をつける。
  • 実務研修:事業計画の作成を通じて、調査力、費用の見積もり、事業計画の準備および提示する能力、成功する補完療法関係の企業を立ち上げるために必要な資質に対する理解が評価されます。

 

資格

コースおよび試験終了後、大学単位基準(APEL)レベル4-5の、国際的に認知された資格が与えられます。この基準には英国における全てのアロマセラピーの専門的基準、全英職業基準(NOS)、オープンカレッジネットワーク基準、全国資格枠組み(NQF)の基準だけでなく、IFAセラピストを特別に対象とした職業基準も組み込まれています。試験に合格した生徒たちはIFAのPEOT正会員の資格が与えられ、MIFA-EOTの称号の使用が認められます。

 

指導法

指導法および訓練・勉強時間数は、アロマセラピストが自信や思いやり、そして能力と情熱を持って仕事に取り組むことができるように教育概要で定められています。コース期間や授業料などについてはコース提供校まで直接ご連絡ください。

 

コース期間

最短9ヶ月(1学年)、最長で24ヶ月(2年間)

 

ニュースフィード


ニュースレターに登録